全文検索+インクリメンタルサーチ isGrep (旧名:IncreMonji) Help

使い方

準備

Tools - OptionsSystem でEditorの設定を行ってください。
Browse ボタンでエディターのパスを指定し、Presetでパラメータを指定してください。
Presetに無いものは使用するエディターに合わせて設定してください。
※SublimeTextは指定行にジャンプできません。(2015.12.24現在)

基本的な使い方

"Search"欄に2文字以上入力すると検索を始めます。
DirectoryMaskにも入力が必要です。
例:
Directory: C:\src\moorea
Mask: *.h;*.cpp
※Maskはセミコロンで区切る
※先頭に ^ があるマスクは否定(例:^*.bin = 拡張子がbin以外のファイル)

↑↓Home/End/PageUp/Downキーなどを押すと検索結果を移動できます。
Enterキーでエディターを起動します。
DirectoryやMaskを変更した場合は約1秒後に検索します。
Filename をチェックするとファイル名の検索になります。
キー操作一覧
キー操作 動作
Esc AND入力欄を消去&Search入力欄へフォーカス移動
Enter Special Search(後述)
Ctrl+Enter Search欄を正規表現として検索
Ctrl+E クリップボードの内容を検索
Ctrl+F 検索結果をショートカットキーでファイルを開く(v.1.2.9以降)
Ctrl+←→ Search欄において単語単位の移動
Ctrl+U, Ctrl+L Search欄の大文字・小文字変換
Ctrl+M ローマ字検索モード
Ctrl+Backspace 1つ上のディレクトリ(Directory入力欄のみ)
Alft+← 1つ上のディレクトリ(すべての入力欄)
Alt+R 結果リストへフォーカス移動
※Search欄にフォーカスがある場合は、↑↓PageUp/PageDownキーなどでフォーカスが移動します(※1)
Ctrl+↑↓ ファイル単位で移動 ※1
Ctrl+Shift+↑↓ プレビュー行数の増減
Ctrl+Space プレビューのON/OFF
Ctrl+Shift+C 結果リストで現在フォーカスのあるファイルのフルパスをクリップボードへコピー
Ctrl+T 新しいタブの追加
Ctrl+W 現在のタブを閉じる
Ctrl+1〜0 タブの切り替え
Ctrl+Tab Ctrl+Shift+Tab 直前に使用していたタブを開く Ver.1.1
開いたタブの履歴を戻る・進む Ver.1.2
F3 タブの一覧を表示(Window List)
Alt+1〜0 Search - Search Setであらかじめ設定した内容で検索する
F1 ヘルプ(このページ)
Ctrl+F1 バージョン表示(Help - About)
※1 Search欄にフォーカスがある場合は、結果リストへフォーカス移動します

バグ

Cache機能→現在使用不可

"Use cache"をチェックするとキャッシュ機能が働いて高速になります。
アプリ起動後にLoading...と表示している間はキャッシュ機能は動作しません。キャッシュロードが完了すると"Use cache"が自動的にチェックされます。

マルチタブ機能

1つのタブにつき1つのディレクトリ(プロジェクト)を設定すると一番便利でしょう。
タブの名前は変更可能です。Window - Window List (またはF3) で Editボタン
タブの切り替えは Ctrl+数字キー で可能です。
また、Window Listでもインクリメンタルサーチによるタブの名前検索ができるので多くのタブがあってもすぐに選択することができます。

Search Set機能

マルチタブ対応なので、タブとディレクトリの関係は固定にしたほうが便利です。(つまり、1番目のタブは c:\src\moorea というように)

ただ、Maskの設定は同じディレクトリでも、*.hだけにしたいときや、*.h;*.c;*.cpp にしたいなど状況によって変わります。これを一発で切換えるようにするのが"Search Set"機能です。

設定手順:
1. Search - Search Setを選択 (またはCtrl+J)
2. Addボタン
3. Nameに適当な名前、Directory, Mask, Shortcutをそれぞれ必要なら設定。空欄にすると設定されません。Maskだけを変えたい場合はDirectoryは空欄、など。

3番で設定したショートカットキー一発でMaskなどを切換えできます。

AND検索(絞り込み検索)

右上にある "AND" という入力欄に入力すると検索結果をさらに絞り込むことが出来ます。
ここでの検索は「大文字・小文字区別あり」に固定されています。
この入力欄は単純な絞込みであり、再検索をすることは無いため高速に動作します。検索結果が多い場合に利用すると便利です。
絞込みではないAND検索は"Special Search"で容易に検索できます。

Special Search

独自の検索方法ですが、正規表現に比べてシンプルであり、使い方によっては便利な機能です。

正規表現検索

Ctrl+Enterを押すと、Search欄を正規表現として検索します。
正規表現の文法についてはこちらをご覧ください。

ローマ字検索

メインウィンドウの右側にあるOptionsボタンをクリック、メニューから Romaji Mode を選択すると、Search欄に入力した文字をローマ字として検索します。
※migemoを使用させていただいています

ファイル名検索

メインウィンドウにあるチェックボックスの Filename をチェックすると、ファイル名の検索を行います。

ファイル名のみの表示

メニューより、View - Only Filenameを選択すると、検索結果はファイル名の未表示します。

中央寄せ表示

メニューより、View - Centeringを選択すると、ヒットした語句を真ん中に合わせて表示します。コロケーションによる比較などに便利です。

Options メニューの機能

メインウィンドウの右側にある Options ボタンを押すとメニューが出てきます。
名前 機能
Character Code Detection ファイルの文字コードを自動判別します。
自動判別をOFFにしたほうが検索が速くなります。
Romaji Mode ローマ字検索を行います。
Sub Directories サブディレクトリも検索します。
Check Timestamp 現在使用不可
キャッシュ有効時に、タイムスタンプの比較を行い、更新されていた場合はキャッシュを使わず実際のファイルから検索を行います。
もしこのチェックを外すと、ファイルが更新されていてもキャッシュの情報を使用するため古い情報で検索を行い、実際の結果と異なってしまいます。その代わり検索は高速になります。
Sort by Filename 検索時にファイル名順に結果を出力します。
Only Filename 検索ヒットしたファイル名のみを出力します。
通常は View - Only Filename を使用します。
こちらを利用する利点はヒットしたファイル名のみ出力するので、若干高速になります。

コマンドラインオプション Ver.1.2より

コマンドラインに渡した文字列を検索します。(先頭に / を含めることはできません)

/D<フォルダ名> 指定したフォルダで検索を行う

※オプション文字とパラメータの間にスペースは不要です

ファイル経由の検索 - 他のアプリ(エディターなど)からの検索

外部アプリ上から任意のテキストの検索を行います。

%TEMP%\moorea-dde.d\in

アプリが起動するとこのファイルが作成されます。このファイルに、

p:Simulate,InputWord,<検索語>

これを書き込むと、アプリが前面に出てきて検索を行います。

※書き込んだテキストは自動的に削除されます。
※上記ファイルはアプリ終了時に削除されます。

【使用例】 秀丸マクロ

インストール先にあるmonji.macを秀丸マクロに登録してください。適当なキーに割り当てを 行えば(例えばCtrl+E)、キー一発でカーソル直下にある単語をサクサク(?)検索してくれます。
(マクロの登録方法は省略:必要であれば書きます)

利用条件

本ソフトウェアはフリーウェアであり、内容を改変しないかぎり自由に再配布可能です。

ライセンス

isGrepは次のソフトも利用・同梱させていただいています。

bregonig.dll 正規表現DLL
migemo.dllほか ローマ字検索用DLL
nkfudll.dll 公開されているソースコードをDLL用にTaNが改変したもの(ソースコード

以上のライブラリを開発・ご提供いただいた方々に感謝いたします。

Top Page