Web検索の設定 [Tools - 設定 - Web検索]

SearchメニューのWebで検索 で使用するWebサイトの登録を行います。

標準では

が登録されています。

登録方法

追加ボタンを押し、
Name にメニューに表示するタイトル
URL に検索に使用するサイトのURL
をそれぞれ入力してください。検索に使用する単語は &C($w,utf8) または &E($w) を使用してください。前者がUTF-8で後者がShiftJISです。
例えば、Google では
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=&C($w,utf8)
であり、q=の次の&C($w,utf8)が検索語に相当します。$がURLに使用されている場合は、$$ としてください。このフォーマットはユーザー定義フォーマットに従います。

このURLの取得手順は、

1. 使いたいWebサイトで適当な文字列を検索(例えば"テスト"と入力)
2. 検索結果のページのURLをコピーする。例えば、Googleでは、http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88&lr=
3. その中で%xxとなっている部分が検索文字列である可能性が高いので、その部分を &C($w,utf8) に置き換える。例えば、Googleでは、
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=&C($w,utf8)&lr=
4.これを検索用のURLとして登録する。

うまくいかなかった場合:
日本語のサイトの場合、&C($w,utf8) の代わりに &E($w) にするとうまくいく場合があるかもしれません。

検索用のURLについてはご自身で調べるか、PDIC関連の会議室(http://pdic.la.coocan.jp/) でお尋ねください。くれぐれもWebサイトの管理者には問い合わせないで下さい。
Webサイトの運営者によりURLが変更になることがあります。そのときは最新の情報を入手してください。(http://pdic.la.coocan.jp/)

ショートカットキー

Webサイトリストの1番目と2番目にはショートカットキーが自動的に割り当てられます。
1番目・・・F8
2番目・・・Ctrl+F8

インストール時の初期設定に戻したい場合

初期設定に戻す」ボタンを押してください。
「Webサイトリスト」にある同一の「名前」の設定が初期設定に戻ります。
ご自分で追加されたWebサイトはそのまま残ります。

参考:初期設定は添付されているpdicu.txrファイルの IDS_DefWebSearchSites に定義されています。

※すべてのサイトリストの項目を削除した場合も初期設定に戻ります。

ブラウザーの変更 (サポート外)

Web検索で使用したいブラウザーを指定できます。

レジストリエディタで、
HKEY_CURRENT_USER\Software\ReliefOffice\PDIC2\WebSearch
に、文字列WebCmd にブラウザーのパスを指定します。
例:
C:\Program Files\Internet Explorer\IEXPLORE.EXE