PDIC設定例

参考までにPDIC作者の設定を記しておきます。

標準と異なる設定のみを記しておきます。PDICの標準設定は最大公約数的な設定になっており、最良の設定になっているわけではありません。
これを参考にして、ご自分にとって最良の設定を見つけてください。

Tools - 設定 より

- 表示項目

- "WORD"の表示 OFF
- 項目バー表示 OFF
- 訳語部マージ OFF

※ステータスバーの表示 を OFF、View - メニューを表示しない を選択すると最小のPDICになります。

- 自動検索 OFF ・・・ 自動検索は使用していません→後述のクリップボード検索を使用

- 動作環境

- クリップボード履歴

- クリップボードの履歴を有効にする ON

- ショートカットキー

- クリップボード検索 - 無変換
- クリップボード履歴の表示 - Alt+Insert
- フォルダ設定
-辞書のデフォルトフォルダ - K:\PDIC(標準ではMyDocument以下)
※以前「EnterとCtrl+Enterを入れ替える(WORD欄)」をONにしていましたが、Enterキーで関連語検索を行った方が便利と感じるようになったので、最近はデフォルト設定で使用しています。

Window - ポップアップ検索ウィンドウより

Tools - ポップアップ検索の設定
- 左ボタンクリックで検索する ON

辞書について

メインはやはり英辞郎ですが、それ以外の辞書も使用しています。

研究社のリーダーズ(10年くらい前のEPWING形式のCD-ROM)

PDICのHelp - ヘルプの「検索」タブで EPWING をキーワードに検索すると設定方法などがあります。
英辞郎にはない訳語などがあります。(今でも市販されているかどうかわかりませんが。。)

Weblio

Weblioの英和和英辞書を使った検索が可能です。辞書データが豊富ですし、音声データも入っていますのでネイティブの音声も確認することができます。
インストール方法:File - 辞書設定→辞書のインストール→辞書をサーバーから探す で"Weblio"を選択してインストール。
この状態でも使用できますが、さらに便利にするために、File - 辞書設定<詳細> を開き、Weblioの辞書グループにある使用辞書一覧の辞書ファイルをマウスのドラッグ&ドロップで普段使用している辞書グループへコピーします。
※Weblioを使った検索の詳細はこちらにあります。

Wiktionary

Wiktionaryを使った検索が可能です。英辞郎にすらない最新の専門的な用語もヒットすることがあります(ただし、英語版のみ)
インストール方法:File - 辞書設定→辞書のインストール→辞書をサーバーから探す で"Wiktionary"を選択してインストール。
インストールが完了したら、File - 辞書設定<詳細>を開き、Wiktionaryの辞書グループにある使用辞書一覧の辞書ファイルをマウスのドラッグ&ドロップで普段使用している辞書グループへコピーします。
※Wiktionaryを使った検索の詳細はこちらにあります。

使い方の例

FireFoxを使って英文等の読解に集中するとき - ポップアップ検索

FirePop!をFireFoxにインストールし、Alt+右クリック で知りたい単語・熟語をポップアップ、Spaceキーで候補選択。さらに詳細を調べたいときはEnterキー

ポップアップしたウィンドウ上のテキストをさらに調べたい場合 - ポップアップ検索のポップアップ検索が可能

DokoPop!をインストール、常駐しておき、ポップアップしたウィンドウの中の知らない単語を Ctrl+右クリック でポップアップ検索。
※64bit版Windowsに未対応

テキストのみの文章を読む場合

Window - ポップアップ検索ウィンドウを開き、そこへテキストを貼り付け、またはファイルから読み込む。
※Web上のニュース記事などはテキストファイルとして保存しておき、あとで復習に使用する。
マウスの左クリックで知りたい単語をクリック。

単語テスト

Tools - 単語テスト - 履歴から で、難易度を「難」に設定して単語暗記テスト。
完全に既知の単語は 「履歴から削除」ボタンで完全に削除。

View - 検索履歴の表示 で過去に検索した単語を見直す

ネット共有辞書機能でユーザー辞書(自分専用の辞書)をネット上で共有

詳細は後ほど。

それ以外にもいくつかの機能を使用していますが、普段は上記のような簡単な使い方しかしていません。