コマンドラインオプション

PDICU.exe [options...] ファイル名

例:

"C:\Program Files\Personal Dictionary\PDICU.exe" -m

ファイル名

ファイル名をそのまま指定するとそのファイルをポップアップ検索ウィンドウで開きます。
ファイル名の途中に半角スペースがある場合は、ファイル名全体を”(ダブルクオーテーション)で囲ってください。

-d 辞書グループ名

使用する辞書グループ名を指定します。
辞書グループ名は大文字・小文字を区別しません。
辞書グループ名の先頭に -(ハイフン)がある場合は、--group というようにもうひとつハイフンを先頭に追加してください。

-e DDEサービス名

DDEのサービス名を指定します。デフォルトは PDICU です。
ここを指定することにより、複数のPDICが起動していても、DDE Clientから区別ができるようになります。

 -sp

起動時にポップアップウィンドウを開く 

-h 履歴ファイル名

※通常はメニューより、Tools - 設定 - 検索履歴 で設定してください。この機能は旧バージョンの名残です。
WORD部、ポップアップ検索語で検索した単語を保存するファイル名を指定します。(履歴機能)
指定しない場合は、HISTORYU.TXTというファイル名になり、PDICU.exeがあるフォルダに作られます。
ファイル名のみを指定した場合は、PDICU.exeがあるフォルダに指定したファイル名で作成されます。
パスを指定した場合は、そのフォルダに作成されます。
-h- と指定した場合は、履歴は残しません。
PDIC本体のメニューから View - 履歴ファイルの閲覧 で履歴ファイルをエディターで見ることができます。
現在のところ、ポップアップ検索でヒットした単語、および、WORD部でEscapeで取り消した単語が追加登録されていきます。ポップアップ検索でヒットしなかった単語、WORD部でBackspaceで消去した単語などは履歴に残りません。
履歴ファイルの書式は、1行1単語です。
注意:
履歴ファイルを閲覧するエディターによっては、履歴ファイルを“ロック”してしまうものがあります。その場合、PDICで履歴が追加登録できませんので、そのようなエディターを使用している場合は、エディターで履歴ファイルを閉じてから使用してください。
まだ1語も登録していない場合、「履歴ファイルをオープンできません」と出ることがあります。その場合は、履歴を1語以上登録してください。

 -i INIファイル名

USBメモリによるポータブル機能を有効にします。INIファイル名は省略可能で、デフォルトでは pdicu.ini になります。
この機能では設定情報をレジストリに保存する代わりにINIファイルに保存されます。
【注意】USBメモリは書き込み可能な状態にしてください。

 -m メニューを表示しない

 -u

二重起動を許します。
※動作保証外の機能です。