作業ファイルの場所

作業ファイル等のフォルダは下記のとおりです。ほとんどの人はこれらの情報を意識しないで使用できると思います。<>の略記は下記参照。

以下の設定のいくつかは、 Tools - 設定 - 動作環境-フォルダ設定 で変更することが可能です。

ファイルの種類 オリジナルファイルフォルダ デフォルト作業フォルダ 作業フォルダの変更 補足
辞書ファイル(*.dic) - <My Document>\Pdic 変更可能※1 辞書のデフォルトパス
辞書を新規作成したときに使用されるデフォルトのパスです。
サンプル辞書
Sample.dic
<InstalledFolder> <My Document>\Pdic 変更可能※1 辞書グループが一つも登録されておらず、作業フォルダにSample.dicが存在しない場合は<InstalledFolder>からデフォルトフォルダにコピーされます。
PDICがバージョンアップされ、新しいサンプル辞書が配布された場合はご自分でコピーしてください。常に最新のサンプル辞書を使いたいという人はまずいないと思うので、そのようになっています。
ラベリングデータ
Labels.txt
<InstalledFolder> <My Document>\Pdic 変更可能※2 ※3
不規則変化辞書
IrregDic.txt
<InstalledFolder> <My Document>\Pdic 変更可能※2 ※3
ユーザー定義ファイル
tpl*.htm
<InstalledFolder> <My Document>\Pdic 変更可能※2 ※3
言語定義ファイル
*.ctt
<InstalledFolder> - 不可 現在のところ、<InstalledFolder>のみです。
ご自分でカスタマイズした場合、PDICのバージョンアップで上書きされてしまうのでご注意ください。ご要望があれば対応します。
検索履歴ファイル
History.txt
History-norec.txt
- <My Document>\Pdic 変更可能※2 パス、ファイル名共にユーザーが変更可能。
Tools - 設定 - 検索設定- 検索履歴
単語帳ファイル
Bookmark.txt
- <My Document>\Pdic 変更可能※2
編集履歴ファイル
EditHistory.txt
- <My Document>\Pdic 変更可能※2
クリップボード履歴ファイル
ClipText.txt
- <My Document>\Pdic 変更可能※2
その他
PRON.TBL
CPxxx.TXT
CPLINEAR.TXT
CROWN.TBL
SILIPA93.TXT

pdicu.txr
<InstalledFolder> - 不可 これらのファイルの変更を必要とする人はいないと思うので<InstalledFolder>に固定してあります。もし変更したい場合は直接それらのファイルを変更してください。

※デフォルト作業フォルダとは、ユーザーが設定をしていない場合の作業フォルダのことです。

※インストール先フォルダにあるファイルは全ユーザー共通、マイドキュメントフォルダにあるPdicフォルダはログインユーザーごとのファイル・設定になります。

※ポータブル版では <My Document>\Pdic<InstalledFolder>\setup に読み替えてください。ただし辞書ファイルは <InstalledFolder>\dic になります。

※1 Tools - 設定 - 動作環境 - フォルダ設定辞書のデフォルトフォルダ で変更できます。

※2 Tools - 設定 - 動作環境 - フォルダ設定作業フォルダ で変更できます。

※3 データを変更していない場合は<InstalledFolder>にあるファイルが使用されます。もしデータを変更すると、作業フォルダに保存され、それ以降はそのファイルが使用されます。つまり、作業フォルダにある場合はそのファイルを優先的に使用することになります。
この方法では次のような利点・欠点があります。

利点:
・データ変更時に管理者権限が不要 (Vista以降では一般ユーザーは<InstalledFolder>内のファイルを変更できません)
・データに変更がない場合、PDICのバージョンアップをするたびに最新のデータが使用される

欠点:
・複数のユーザーで使用していた場合(マルチユーザー)、変更内容は他のユーザーには反映されません。それぞれの個人設定となります。もしユーザー間でデータを共有したい場合は、設定を変更する必要があります。
・データに変更があった場合、PDICのバージョンアップにより最新データが配布されても新しいデータが利用されない。→通知機能を搭載するつもりではいますが。。要らないかな?
もしそのような状況が発生した場合、PDIC側で自動的にマージすることは不可能ですので、エディターで直接編集を行ってください。そのようなことが発生するのは希だと思いますが。。

略記の説明

説明 WindowsVista以降 WindowsXP Windows2000
<My Documents> よく使われているマイドキュメントフォルダ C:\Users\[ログインユーザー名]\Documents C:\Documents and Settings\[ログインユーザー名]\My Documents
<InstalledFolder> PDICがインストールされたフォルダ
※インストール時に変更できます
C:\Program Files\Personal Dictionary (Unicode)

※上記パスはWindowsの環境設定により異なる場合があります。