設定 [Tools - 設定...]

表示フォント

フォントの変更を参照

表示項目

表示項目を参照

検索設定

バックグラウンドで関連語検索を行う
関連語検索で単語を2語以上入力すると自動的にバックグラウンドで検索を開始します。
WORD欄に入力する度に辞書全体を検索するので、Note PCでバッテリーの消費が気になる場合はチェックを外してください。
Popup&Link機能を使用する
→Popup&Link機能についてはメインウィンドウを参照
一覧表示されているときに訳語の上でマウスを移動すると検索を行なうので、Note PCでバッテリーの消費が気になる場合はチェックを外してください。
複数の辞書を同時に検索する
通常はここをチェックしてください。多くの辞書があっても検索結果がすぐに出るようになります。
このチェックを外すと、辞書グループに登録してある先頭の辞書から順番に検索します。
※複数の辞書を同時に検索した場合、検索結果は最大1万語に制限されています。すべての結果を知りたい場合は、このチェックを外してください。
自動検索
自動検索を参照
検索履歴
検索履歴設定を参照
Web検索
Web検索の設定を参照

動作環境

動作環境の設定を参照

詳細設定 - 【上級者向け】

テキストファイルの文字コード
PDICでは辞書変換、検索履歴など様々なところでテキストファイルを扱っていますが、それらのテキストファイルを保存するときの文字コードの指定です。デフォルトでは、UTF-16(BOM付き)となっています。
特別な理由が無い限り、この設定は変更しないでください。
どうしてもファイルの文字コードを変更したい場合は、一旦UTF-16で保存した後、他のエディター(メモ帳など)で変換を行なってください。

UTF-16以外に設定した場合、履歴検索のブラウザーへの出力でユーザー定義フォーマットを指定した場合、正しく表示されなくなる可能性があります。

設定保存
設定をINIファイルへ出力します。将来的には環境のコピーのために利用できるようにするつもりですが、現在のところデバッグ用途のみです。
ログ情報の表示
エラーが発生したときのログを表示します。
デバッグ用ですので、通常必要ありません。

辞書グループ固有の設定

ヒント


以下、PDIC/Unicodeで削除した機能

IMEの自動ON/OFF

訳語部以外のIMEの自動ON/OFF

全角>>半角変換

ディスクスペースの節約のため、あるいは表示スペースの節約のために、入力文字を全角HZenkakuから半角HHankakuへ自動的に変換することができます。この制御を行える箇所は、
見出語部
発音記号部
訳語部
用例部
全角>>半角変換される文字は次の通りです。
英数字:0〜9A〜Za〜z
記号:!”#$%&’()=[]{}など。
全角スペース:' '
カタカナは変換されません。
デフォルトではすべての入力でこの変換が行われます。 

OLEのフル機能を使用する

Ver.5.8より削除