辞書について

PDICはPDIC専用の辞書(PDIC形式)でなければ登録、検索などを行うことができません。
※Ver.5.7よりテキスト形式の辞書を直接利用できるようになっています。

さらに、その辞書を辞書グループに登録しなければなりません。

※PDICをインストールすれば自動的にサンプル辞書が登録されています。 
※辞書の仕様 →辞書に登録できる内容

辞書グループ

PDICは100個までの辞書を同時に利用する事が可能です。
同時に利用する複数の辞書を1つのグループとしてまとめたものを、辞書グループと呼びます。
辞書グループを複数用意し、それぞれに用途の異なる辞書をまとめておくことができます。(例えば、”英語辞書グループ”、”フランス語辞書グループ”)

辞書グループの設定例

例として、すでにある辞書 English.dic と、新規に User.dic というユーザー辞書を作成することにします。
ここではウイザードによる追加例を示します。

ユーザー辞書の作成・追加
1. メニューより、File - 辞書設定 を選択
2. 辞書ファイルの追加・作成 を選択、次へ
3. 新しい空の辞書 を選択、次へ
4. 通常の辞書 を選択、次へ
5. 辞書ファイル名User.dic と入力して、次へ
6. 新しい辞書グループへ辞書を登録する を選択、辞書グループ名English を入力、次へ
7. あとはそのまま次へを押していき完了します。
English.dicの追加
1. 再びメニューより、File - 辞書設定 を選択
2. 辞書ファイルの追加・作成 を選択、次へ
3. すでにある辞書の追加 を選択、参照ボタンを押して English.dic を探して選択、次へ
4. すでにある辞書グループへ辞書を登録する を選択、一覧から先ほど作成した辞書グループ English を選択、次へ
5. あとはそのまま次へを押していき完了します。

WORD欄に適当な単語(English.dicに登録されている単語) を入力するとインクリメンタルサーチが行なわれ、一覧表示されると思います。

ここで登録された辞書グループの内容は File - 辞書設定<詳細> で確認することができます。

上記はウイザードによる追加でしたが、PDICに慣れている方は File - 辞書設定<詳細> でも追加・登録できますので、そちらのほうが早く設定できるかもしれません。→参照:辞書グループの編集 また、追加以外の設定もこの File - 辞書設定<詳細> で行なう必要があります。

より便利にするための設定

上記の設定で検索ができるようになりますが、English.dic を編集禁止にしたほうがより便利になります。

編集禁止にする手順

1. メニューより FIle - 辞書設定<詳細> を選択
2. 左側の 辞書グループ一覧 より 先ほどの辞書グループ、English を選択
3. 右側の 使用辞書一覧 から English.dic を選択、マウスで右クリック(またはCtrl+L)
4. プロパティ を選択
5. 辞書のプロパティ画面が出てくるので、編集禁止 をチェック
6. 以降、OK、ウィンドウを閉じるで完了です。

また、特に意識はしていませんでしたが、使用辞書一覧 での辞書の順番は

User.dic
English.dic

という順番にしたほうが便利です。

このような設定にすることによる利点は、

 というように、一石四鳥くらいの効果があります。 

※1 暗記必須単語機能

Ver.5.5以前のPDICからある単語ごとに「暗記」というマークを設定できる機能です。今まで使用していなかった人はこの機能のことは意識する必要はありません。詳細は「暗記必須単語から単語帳への移行」を参照してください。

複数の辞書を利用し、ユーザー辞書以外が編集禁止の場合、ある特殊な動作をします。(※2 詳細後述)
その特殊な動作のお陰で、単語テストのときに出題の検索が高速になります。単語テスト実行時に検索対象辞書をUser.dicに限定しておくことにより、English.dicが100万語という巨大辞書であっても、暗記必須単語から出題したい場合、すばやく出題問題が作成されます。
暗記必須マークだけでなく、単語レベルの設定も User.dic へ保存されるので、English.dicの差し替えだけで済みます。もしEnglish.dicが変更されていると、変更部分を抜き出す作業が必要になり、とても大変なことになってしまいます。

※2 詳細は次の通りです。

「編集禁止」の辞書のみに登録されている単語をTabキーで暗記必須マークを設定すると、ユーザー辞書へその単語を?単語(空の単語)として新規登録されます。逆に暗記必須マークを解除すると、その?単語はユーザー辞書から削除されます。ただし、ユーザー辞書に登録された?単語に変更を加えた場合、暗記必須マークを解除しても、その単語が削除されることはありません。
さらに、ユーザー辞書に登録された単語を編集するとき、通常ならば辞書の選択を問い合わせてきますが、編集対象がユーザー辞書であることは明らかですので、余計な問い合わせが無くなります。

また、暗記必須単語にしたとき、必ず?単語として登録されるわけではなく、暗記必須単語にしたい単語が登録されている辞書がすべて「編集禁止」の辞書である必要があります。

複数辞書使用時の動作

辞書を2つ以上同時に利用する場合、実際にはどのように動作するのでしょうか?

動作

処理

表示

2つ以上の辞書に同一の見出語が登録されていた場合は訳語部マージを行います。

新規登録

原則的に辞書グループの先頭に登録されている辞書へ登録されます。特にこの辞書をユーザー辞書と呼びます。登録先辞書の固定で、ユーザー辞書を登録語編集時のみに限り一時的に変更できます。

修正・削除

同一の見出語が複数の辞書に登録されていた場合、辞書を選択するように問い合わせてきます。