表示項目の設定      [Tools - 設定 - 表示項目]

表示に関する項目を設定します。

"WORD"の表示

メインウィンドウの右上にある WORD を非表示にします。
※この項目は辞書グループ固有の設定として保存されません

ステータスバーの表示

WORD のすぐ下にあるバーで、現在の検索状態などを表示します。
※この項目は辞書グループ固有の設定として保存されません

項目バーの表示

ステータスバーのすぐ下に表示される、一覧表示の項目名のタイトルです。
※この項目は辞書グループ固有の設定として保存されません

ロングセレクトバーの表示

ここをチェックしないときは、見出語部のみを反転表示しますが、ここをチェックすると訳語部も反転表示します。

発音記号改行

初期設定では、発音記号は見出し語の右側に並べるように表示しますが、ここをチェックすると見出し語の下に表示します。見出し語と発音記号を並べて表示したいときには便利です。なお、見出し語の表示幅を項目バーで狭くする必要があります。

訳語/用例連結

訳語と用例を一緒に表示するか、分けて表示するかの選択です。
チェックしないとき - 改行がされる
訳語
用例
チェックしたとき - 連結される
訳語 / 用例

訳語部マージ

複数の辞書に同じ見出語が登録されていた場合、訳語部・用例部をどのように表示するのか指定します。
チェックした場合・・・訳語部マージを行って表示します
チェックを外した場合・・・辞書ごとに改行表示します

注意!簡易HTMLを使用している場合はこの設定をOFFにしないと表示が崩れる場合があります

表示項目

属性
発音記号
単語レベル
用例

ヒント:「訳/用例」の項目バーをクリックするだけで用例の表示・非表示を切り替えられます。

辞書名

検索の一覧表示に辞書ファイル名を表示することができます。
[ファイル名]
という形式で訳語部に表示されます。
※上記にある「訳語部マージ」を無効にする必要があります。

行間

一覧表示で各単語の間をドット単位で指定できます。

タブカラム数

一覧表示でのタブの桁数を指定します。
1〜40の間で設定できます。

レベル表示

単語レベルの表示形式を指定します。

ファイルリンク表示

ファイルリンクの内容を表示するかどうかを指定します。

ヒント

辞書グループ固有の設定

ここをチェックした場合、上記項目のほか、各項目の表示幅も辞書グループ固有の設定として保存されます。