訳語部マージ

複数の訳語部を1つの訳語部にまとめる処理を訳語部マージといいます。例えば、

『控える,断つ,やめる,慎む』

『慎む,断つ,止める』

マージ結果は、

『慎む,断つ,止める,控える,やめる』

となります。

”慎む”と”断つ”は重複しているのでマージされ、他の語(控える,やめる)はないので追加されます。

このように、訳語部の単語を一語一語区切り出して判断しています。従って、単語の区切り文字が重要となります。

※訳語部のマージは、Tools - 設定 - 表示項目訳語部マージ をチェックしたときのみ有効です。

括弧の対応の認識

()内にある区切り文字は区切り文字であると認識しません。

括弧は半角、全角のどの括弧でも認識します。

ただし、括弧の”種類”の対応はチェックしていません。例:"(]"でも対応していると認識してしまう。

半角:()[]{}<>「」

全角:()〔〕[]{}〈〉《》「」『』【】<>

用例・コメント

" / "(半角スペース+半角スラッシュ+半角スペース)以降の訳語は、用例・コメントと判断し、これ以降は区切り文字を" / "としたマージ処理を行ないます。ただし、このマージ処理は重複した用例・コメントがあるかどうかのチェックを行なうだけで、括弧の認識は全く行ないません。

また、用例部ではなく、訳語部に" / "という文字列がある場合でも用例・コメントであると認識するので注意して下さい。

訳語部マージの仕様の詳細

以下に使用している記号で、A,B,...は単語を表し、+ の左側が変換元、右側が変換先、⇒より右がマージ結果を示します。ただし、変換元、変換先は辞書の変換のとき以外は任意です。

括弧()は上記説明した括弧であればどれでも同様の動作をします。

A+A ⇒ A

A+B ⇒ A,B

A(B)+B ⇒ A(B)

(A)+A ⇒ (A)

A+(A) ⇒ A,(A)

 

注意

簡易HTMLを使用している場合、表示が崩れることがあります。設定でオフにしてください。

参照

用例のマージ仕様 レベルのマージ仕様