辞書の変換

PDIC専用の辞書(PDIC形式)をテキスト形式にしたり、ネットワークなどで公開している辞書をPDICで利用できるようにPDIC形式に変換したりするための処理が行えます。また、2つの辞書を1つの辞書にまとめることができます(=マージ)。

※Ver.5.7より、テキスト形式の辞書を直接利用できるようになりました。→テキスト形式辞書の直接利用

File - 辞書設定<詳細>の画面で辞書一覧を右クリック→「辞書の変換」で行うことができます。

この変換で扱える辞書の形式は以下の通りです。

CSV形式
PDICテキスト形式
PDIC1行テキスト形式
辞郎形式
EPWING/EB(電子ブック)形式
XML形式

以上の形式でPDIC形式との相互の変換が可能です。

CSV形式<=>PDIC形式

ほとんどの情報を変換可能ですが、OLEデータは変換されません。
→参照:CSV形式

PDICテキスト形式<=>PDIC形式

PDIC形式<=>PDIC1行テキスト形式

発音記号、暗記必須単語マーク、単語レベル、修正マークの情報は付加されませんので注意してください。
訳語部の改行を正しく扱えるのは、PDIC1行テキスト形式のみです。 

CSV形式に比べてエディター等で編集しやすいのですが、データの汎用性としてはCSV形式のほうが高くなっています。

辞郎形式→PDIC形式

辞郎形式(辞郎シリーズの辞書データ)からの変換が可能です。 

EPWING/EB形式→PDIC形式

EPWING/EB(電子ブック)のCatalogファイルからPDICで検索するためのインデックスファイルを作成します。この変換は、辞書を丸ごと変換せずに、インデックスファイルのみを作成します。EPWING/EBを使用する際は、このインデックスファイルとEPWING/EBのCD-ROMの両方が必要になります。
変換の具体的な方法は、辞書の作成例【EPWING/EB(電子ブック) - リーダーズ+プラス】編をご覧ください。 

同一単語の処理

処理方法

処理概要

訳語部をマージする

訳語部マージ最初は問い合わせてきます

長い方の訳語を採用する

=MAX( 変換元 , 変換先 )

無視する

=変換先を優先する

置き換える

=変換元を優先する.最初は問い合わせてきます

付け加える(区切り文字付き)

=変換先+変換元

区切り文字は指定できます詳細設定

改行付きで付け加える

=変換先+改行+変換元

参照

テキスト形式辞書の直接利用
変換の詳細設定
登録項目の選択